京都 店舗設計・施工、デザイン:イワキスタイル

ブログ

ひさし

2019.07.27

庇(ひさし)の出し方にはいろいろな方法があります。

全部を鉄でつくると、大変重量が重たくなり、本体だけの自重で躯体に影響を及ぼすため

今回は取付部分が木造の為、L型鉄骨アングルと木材で、ひさしの強度を高めた方法で納めていきます。



いかに軽量化かつ強度性を持たせる事ができます。

おそらくこの方法であれば、1500mmぐらいの持ち出しの庇が可能かと思います。

そしてもう一つ、シャッター

シャッターには、シャッタを巻き取るスペースがどうしても必要となってきます。

通常は軒の内部や、シャッターBOXを用いります。

今回はこちらも庇の中に収める計画にしました。



いかにコンパクトに、軽量化、強度を保つ方法で考えました。

最小限の大きさの庇になりました。

庇に関わらず、店舗設計デザインの意匠関係で補強しなければならない場合、鉄やスチールが活躍してくれます。

08

  • スタッフ紹介
  • 施工実績

新しい仲間を募集

イワキスタイルは新しい仲間を募集しています。

お問い合わせ

店舗づくりに関する事なら何でも
お気軽にお問い合わせ下さい。

イワキスタイルのブログ

イワキスタイルのブログです。