京都 店舗設計・施工、デザイン:イワキスタイル

 

お客様の声

AMANO COFFEE ROASTERS

2017.05.12

京都伏見で創業30年以上の(株)アマノコーヒーが、その先のコーヒーを求め北区に創業したAMANO COFFEE ROASTERS。
すべてがスペシャルティコーヒーの豆を取り揃えたこの旗艦店を創業するにいたったきかっけと思いをお伺いしました。



―京都でも有数の長きにわたってコーヒー豆販売をされてきたアマノコーヒー様ですが、今回のAMANO COFFEE ROASTERSを始めようと思ったきっかけなんですか?


亀岡のカフェタイムのスペシャルティコーヒーに出会ったということです。


―今までコーヒー販売にずっと携わってきた天野さんが驚いたということですか?


もう全然違う。びっくりしたね。


―それから具体的に動き始めて、物件探しはどれくらい期間が掛かりました?


半年間で6.7件くらいかな。


―この物件の決め手は


間口の大きさと立地ですね。後は、コンクリート打ちっぱなしの中を見てね。ある程度この中を活かしてもいけるぞって思ったんですね。


―イワキスタイルをお選びいただいたきっかけは?



まずはウェブサイトを見てて、そして友人(Caffe Epica)がイワキスタイルさんでしてて、内装がいい感じやなと思ったのがきっかけですね。
それから、初めてお会いした時に、この店のスタイルをしたいとお伝えしたときに、すぐに私の思いを感じてもらったというか、なかなか伝わりずらいことだと思うんですけど、伝わったなぁと思えた。それから、初めの提案してもらったイメージを見て、決めました。


―お店を開く中で大変だったことはありますか?


工事はイワキスタイルさんに頼んでいたんで大丈夫でしたけど、場所と機材が変わった中で、豆の焙煎が良くなるかが、苦労しましたね。何よりこだわらないといけないですから。



―実際にお店を開いてから当初考えていたことから違ったことや驚いたことはありますか?


元々卸のコーヒー業者だったんですけど、この北区という場所にお店を構えたことで、個人のお客様でコーヒーを好きで、こだわって選んでいる人がたくさんいるんだということを知って驚いています。
ほぼ挽き売りは無くて豆で買って行かれる。
自宅で挽いてらっしゃるんですね。それは本当にうれしい驚きです。
味の細かい感想を直に聞けるという喜びもありますしね。苦い、酸っぱいだけじゃなく、しっかりそれぞれの豆の香りを楽しんでいらっしゃる。


―内装に関してはいかがですか?


イメージ以上ですし大変気に入ってます。
お客様からも照明がいいですねっていうことで写真をとっていかれるかたもいましたし。
ある人は、ぱっと入ってきて店舗の写真だけ撮って帰られました(笑)豆はいいのか!?ってなりましたけどね(笑)



―ありがとうございます。最後に今後の展望をお伺いします?



もちろん地元のお客様ひとりひとりも大切にしつつ、伏見でやっていたようにここで焙煎したスペシャルティコーヒーの豆をカフェなどのお店さんに卸ていけるようになればいいなと思っています。


天野様は、安定的に日々の業務が続いていた中でも時代の流れを読み取ることと純粋なコーヒーへの探求心を高めていらっしゃいました。
毎日の流れの中で違うことを始めるということは、想像するだけでもきっと並々ならぬ強い意志があったに違いありません。それをいつでも飄々とやっている天野社長。本当に尊敬しております。
ちなみに、スペシャルティコーヒーは、既存のコーヒーの概念を壊します。
まだ飲まれたことのない方は、ぜひお試しくださいませ。

aqubi hair&gallery spacep

2017.05.11

大宮通仏光寺を西に入る細い路地にある美容室aqubi(あくび)。大通りから細い路地に入っただけで、とても静かな住宅街になって、ほっと一息つけるサロンです。女性オーナーの伊達さんが一人で切り盛りするこのお店を開くまでの色々な思いをお伺いしてきました。



―まずご自身のお店をやろうと思ったきっかけは?


いずれはって考えていたんです。それが、年齢だったり、少し気持ちの余裕ができたり、すべてのピースが揃ったタイミングだったってことですね


―美容室でお勤めの方でも独立するかずっとお勤めかっていうのは分かれるあたりですよね。


そうですね。特に女性の場合は、少ないですかね。
結婚だったり出産だったりがあるとパートになったりするのが多いです。土日が当たり前のように仕事ですし、夜も遅い業界ですから。


―ある意味将来を見こすと自分のお店を持つほうが自由が利くかもしれないと考えた部分もありますか?


それも少しはありますが、私が男の人ならもっと早く始めていたと思います。
ただ二の足を踏んでいました。でも、今後のこと考えすぎるよりは腹を括れるかが大切でした。



―実際に動き始めてからのお話しをお伺いします。物件探しはどれくらいの期間かかりましたか?


半年くらいです。
でも一つ目に聞いた不動産屋さんは、レスポンスが無かったりして時間が流れていきました。それで、次頼んだ不動産屋さんになってから色々と見始めました。
全部で10件くらいですかね。見すぎてもわからなくなるかなぁとは思いました。


―この物件にした決め手はなんですか?


場所が駅近で、静かなことと、玄関脇にハナミズキの木があるんですけど、それがいいなぁと思いました。



―色々と想定していたことよりもそういう出会いが決めてですか。


そうですね、想定より広すぎたのでちょっと悩みましたけど。


―イワキスタイルに頼んでいただく経緯は?


まず、始めに見ていただいた工務店さんは、単純に金額が高くて無理だったこと、さらに提案まで時間がものすごくかかりました。
イワキスタイルさんは、前に勤めていたお店に紹介してもらいました。
前の工務店さんのことがあって時間がかなり立ってしまっていたので、イワキスタイルさんにはかなり急いでもらいましたが、問い合わせした次の日には現場で打ち合わせしてもらったし、そのあとも早かったし、こちらから言わなくても次々進めてもらったのが丁寧で助かりました。


―ありがとうございます。内装についてこだわったことは?



最初はもっと狭いお店でごちゃっとした雑貨屋さんみたいにって考えていたんです。
でも物件が想定より広いので、モノで埋めるっていうのは難しいかなっと思って、すっきりした感じのお店にしたんですよね。内装とは別にも「オーガニックなもので地球にも優しい」をコンセプトにしたので、それも合わさって柔らかい感じをコンセプトにしました。


―オープン迄で印象に残っていることはありますか?


やっぱり壁の漆喰を自分で塗ったことですね。お客さんにも話せますし、思い入れもできます。中々うまくできなかったですけど、楽しかったです(笑)後、入口のサッシ(既存のアルミサッシ)を取り換えたいけど、お金がかかるから難しいかとなったときに、他の木部に合わせてエイジングした木目のように塗ったところがすごい良い感じでびっくりしました。



―向山(担当デザイナー)が自分で頑張りましたね。本当にうまくいってよかったです。


それが、よかったからこのミラー買ったんですよ。


―本当に、ほとんど同じ風合いですね。それでは、一番苦労したことはなんですか?


色々あるんですけど、やっぱり工事が終わってからオープンするまでです。
やることが沢山出てきて、大切なものを間違えて捨ててしまったりしました(笑)
もっと日数に余裕をもった方がよかったですね。1週間くらいしか日を取らなかったのは間違えました。



―なるほど、それは実感がこもっていますね。
最後に今後のaqubiをどうしていきたいとお考えですか?


まずは、細々とやっていけるように(笑)
あとは、せっかく自分で始めたお店ですし、想定よりも広い店内なので、美容室だけじゃなく他にも何かできたらいいなとは思います。
ギャラリーにしてみたり、イベントやったり、そのために私自身がほかのスキルを習得するために何かしたり。お店を知ってもらう入口を美容以外になっていけば楽しいかなと思います。


「あくび」が出るほど落ち着ける空間とサービスを目指すaqubi様。
でも実際に自分でやる。そのためには「腹を括る」。
そんな強い気持ちをお伺いして、きっとこれからどんな困難にも立ち向かっていけるんだろうなぁと、とてつもない頼もしさを感じました。

MEN’S HAIR SALON REDSUN

2017.05.10

千本丸太町交差点近くの大通り沿いにある小さな美容室REDSUNは、男性専用と銘打ち、男惚れするような趣味世界が広がる小さな空間は、どこにもないオンリーワンのお店です。
ご兄弟で始めたこのお店について、その特殊なコンセプトを始めたきっかけからオープンまでの日々をお伺いしました。



―「好き」をお店の色とすることー
―まず、ただ男性専用サロンだという以上にしっかりと趣味性を推し進めたお店ですが、そんなお店をしようと思ったきかっけをお伺いします。



難波(兄)まず今までの勤め先のお店にいると色々と思うことができてくるものです。
流れ作業になっていたり、自分たちが楽しくなくなっていたり、特に男性のお客様の落ち着かないっていう声なんかはいっぱい聴いていました。
それで、自分たちが楽しくテンションが上がる空間でやっていきたいという気持ちが出てきて、弟と話し出したのがきっかけです。それから、自分たちの強みが何かってしっかり考えて、映画だったり、ミリタリーやガンなどの趣味性をちゃんと伝わるように作った空間であれば楽しいし、そういう人が沢山集まってもられるんじゃないかと考えました。


―具体的にお店作りをスタートさせてから、まず物件はどの程度探しましたか?


難波(兄)一か月で三件くらいですかね。


―それは、早く決まりましたね。ここに決めた最大の点はなんですか?


まずは場所と広さです。大通りに面していますし、2席ほどのお店にしようと考えていましたので。 そして、隣に大家さんが住んでいらっしゃるのですが、そのお人柄で決めました。


―決め手としては、あまりお伺いしないことですが、実はとても大切な事かも知れませんね。


そうですね。そんなに沢山見たわけではないので比べられませんが、決めるときは直感的なことが大きいかもしれません。


―その後IWAKI STYLEにお声掛けしていただけたきっかけは何ですか?


始めは、ウェブで見つけたからです。ただそれだけです。
まずお電話をしたその日に会社にお伺いしたのですが、その時の対応が良かったです。お伝えしたことが良く伝わってうれしかったです。その後もイメージを作っていただいたり、打ち合わせで「ここはこうしていく」っていうことに対して足並みがそろっていたので、ここなら大丈夫だろうと思い決めました。何より、木目の色合いについてもどのくらいイメージ通りになるのかなと心配だったのですが、現場でお打合せして実際に塗っていくときは感動しました。話していたものとほぼほぼ誤差もなく、全部出来上がったら想像以上に良かったので本当に安心しました。



―機能性についてこだわった点はありますか?


僕たちは趣味性を突き詰めすぎて機能性を後回しにしちゃった感もありますが(笑)
バーバー(セット台の前にシャンプーボールがついている)にしたことは正解でした。色々と手間が省けます。あと、ブラインドで間仕切って半個室にしたことにより、たぶん趣味について話すことはしやすくなっていると感じています。


―男の隠れ家感は強まっていますね。


そうです。元々広いお店じゃないですけど、人って狭いところにものがあふれている感じが好きだったりしますから。



―オープン迄で大変な事はなんでしたか?


機材をこっちで用意して搬入のタイミングを工事と併せていくのがやったことが無いので気を使いました。あとはこれも初めてなので凄い色んなところでハンコを押しました。後半何を書いているのかわからなくなりました(笑)



―お店が出来て2年経ちましたが、これからお店をどうしていきたいと思っていますか?


最近本当に自分たちの趣味嗜好にあった人がきてくれるようになってきました。
ただ髪を切るだけじゃなくて、そんな人が集まってくれるお店になっていきたいですね。


また、隣の自転車屋さんの方ともつながりが出来て、うちのお客さんにお店を紹介して、自転車を買ってもらったり、自転車屋さんのお客さんがうちに来てくれたりがあって、地域ともしっかりつながって盛り上げていきたいですね。



美容室という業態は、内装に自身を反映しやすい業態ではあるのですが、ここまで趣向を反映したお店は私たちの中でも初めてで楽しかったです。


ただ、難波さんは、「趣味が古びれないように新しい情報をしっかり仕入れて更新していく義務感も生まれてきた」とおっしゃっていました。
楽しいと思えることでも、でもやり続けるためには、責任と強い意志が必要なのだと。日々更新してファンを増やしているREDSUNからはそんな心意気をビシビシと感じることができました。

日本料理 さかい

2017.05.09


京都・御所南の一角にある本格和食店。
カウンターメインの店内でありながらゆったりとコース料理を楽しめる。



―今回の移転のきっかけは?


きっかけは、先々を考えての店舗規模の縮小、料理内容の向上、前やっていたお店の反省を込めての移転ですね。あとは物件が出てきたタイミングですね。


―なるほど。 イワキスタイルとは二回目のお仕事ですが、初めにイワキスタイルにした決め手はなんでしょう?(前店舗の改装を移転工事の2年前にさせていただいておりました)



まぁ元々相見積もりをたくさん取ってって言うのは、好きじゃないので、会ってみてこれっていうところがあればと考えていたんですね。前の店舗の初めの工事を頼んだところは、知り合いに紹介してもらったデザイナーさんだったんですね。
その方は自分の考えっていうのがすごく強くある方で、私に経験が少ないのもあってほぼ言いなりになってやったという感じがあったんです。
本当はイメージが違ったのに、立ててきたコンセプトを強く押されてやったら、やはり出来上がりもイメージと違ったっていう失敗があったんです。
それが岩城さんに会った時、こちらの要望を言ったら具体的に、それならここはこうしましょうという感じで応えて貰えた。 前と全然違う!(笑)
こっちの意見をすごく汲んでくれる。 しかも金額も予想以上に安かったんでね。
ある程度こっちがしたいようにしてあげようっていう気持ちが伝わりましたね。
それで話が早いので2店舗目も頼みましたね。
後は、パースを作ってくれたのはうれしかったですね。あれはわかりやすかった。


―仕上がりはいかがですか?



良かったですよ。 お客さんの評判も。
何より、キッチンの壁をタイルで、客席の床材(フロアタイル)をこれにしたことで掃除が楽!確かに本物の木なんかにしたいとか、塗装がいいとかあるかも知れませんが、長い目でみたらメンテナンスしやすいのが何よりです。
前のお店でキレイに維持していく大変さをわかっているので、そこは本当に大切ですね


―確かに見た目がおしゃれな方が良いっていう話になっていきやすいところですからね。
本当にその利点はある程度お勧めしないといけませんね。


そうですね。私も初めてだとこうはならなかったかも知れません。


―イワキスタイルにとって酒井さんとの仕事は厨房の使い勝手が、本当に勉強になると実感しております。



そうですか。厨房の設計をある程度任せて貰えたのもうれしいかったです。すごく使いやすいですね。


―今後の展望は?


そうですね。50くらいまで、あと8年くらいはやっていけたらね(笑)。
お客さんもついてくれてるし。
でもそれまでに一回は改装したいですね。
また、それはそん時に頼みますよ。

  • スタッフ紹介
  • 施工実績

新しい仲間を募集

イワキスタイルは新しい仲間を募集しています。

FACEBOOKで掲載中

施行中の写真や店舗づくりのアイデアを
FACEBOOKで掲載中です。

イワキスタイルのブログ

イワキスタイルのブログです。